冠婚葬祭の休みは何処まで認められるか

企業の休暇には、年次有給休暇と冠婚葬祭のための特別休暇があります。
年次有給休暇の場合は、労働法で日数が決められていますが、慶弔特別休暇は、企業のトップの裁量で日数や条件が決定されます。
通常の場合で、自身の結婚式で1週間ほど、親族の葬儀で2日というのが一般的です。
そして、親族の定義も3親等以内というのが普通です。
しかし、世の中にはユニークな会社もあり、ちょっと変わった冠婚葬祭の休暇が認められている所もあるのです。
例えば、失恋をした場合に休める失恋休暇があったり、ペットが亡くなった場合に休める規則を設けている所が実際にあるのです。
何ともユニーク過ぎる制度ですが、実際に働いている社員からは、好評で歓迎されている制度です。
こんな制度があっては、社員が休みすぎてしまうのではと懸念する人もいるでしょうが、滅多にないケースなので認めるべきと言う意見が大半を占めています。
日本の冠婚葬祭に対する考え方も進化しています。