もしもの場合に備えて自分の会社の慶弔休暇は調べておこう

冠婚葬祭といった中でも、結婚式と違って葬儀は急に行われることが多いので誰もが必ず参加出来るというわけではありません。
結婚式であればずいぶん前から日程が決まっているので調整することも出来ますが、葬儀ともなるとそういうわけにはいきません。
偶然休日と重なっていれば有給を取る必要はありませんが、急な休みともなれば有給を申請しても通らないという場合もあり得るでしょう。
ですが、実は葬儀の場合には一般的には忌引ということで会社から休暇が貰えることが多いのです。
会社によっては慶弔休暇といって結婚式などのお祝いごとでも休暇が貰える場合もあります。
しかし、この慶弔休暇というのは多くの会社では採用していますが法律で定められているわけではありません。
よって、会社によっては全く休暇が貰えないということもあり得るのです。
実際に冠婚葬祭に出席しなければならなくなった時に慌てないように、自分の会社ではどのように決められているのかを調べておくと安心です。