冠婚葬祭のために有給を残しておく

冠婚葬祭に招待される事は、人生に何度かあります。
そこで、場所が遠かったりしますと、どうしても数日間仕事を休む必要がでてきます。
また、いつ招待されるのか分からないです。
そこで、念のために、有給を残しておく事が大事になってきます。
いきなり会社を数日間休むというのはいくら理由が冠婚葬祭であっても難しいものがあります。
しかし、有給を使用すると多くの場合は、簡単に休む事ができますので、残しておくのはお勧めになってきます。
冠婚葬祭に招待されますと、参加した方が相手からの印象も良くなってきますし、人との交流関係においてもプラスになってきます。
友達との友好関係が深まる可能性が高いです。
また、どうしても出席しなければいけない時もあります。
このように、さまざまな事を考えて、有給を単に自分の用事だけに使用しないで、万が一の時に休めるように調整しておくようにします。
特に休みがとれる日数が少ない場合は、慎重に調整していく必要があります。