お葬式は公休が取れます。

私が勤めている会社は一部上場企業で、俗に言う大企業だと思います。
福利厚生や、給与体系も確立されていて、働きやすい環境です。
冠婚葬祭のひとつであるお葬式に関しては、有給の日数がマイナスになることは無い、公休という扱いになります。
しかし結婚式の場合、いくら身内だからといって公休にはなりません。
結婚式はしっかりと有給を使わなくてはなりません。
結婚式というのは冠婚葬祭の中でも、比較的土日に行われる事が多く、今までさほど不便に感じることは無かったように思います。
しかしこの度身内がハワイで挙式する事になり、さすがに平日も休まざるを得ない状況なので少し困っています。
世の中のサラリーマンは、有給休暇など持て余すほどだと思いますが、私は子供がいるので、細々と休んでおり、なかなか一度にたくさん使う事ができない身です。
公休という名目であれば休みやすいという事もあります。
冠婚葬祭というからには結婚式も是非公休にしていただきたいと考えています。

none

最新記事

  • 冠婚葬祭といった中でも、結婚式と違って葬儀は急に行われることが多いので誰もが必ず参加出来るというわけ …

    関連ページ①

  • 企業の休暇には、年次有給休暇と冠婚葬祭のための特別休暇があります。
    年次有給休暇の場合は、労働 …

    関連ページ②

  • 冠婚葬祭に関わる特別休暇は、年次有給休暇とは別に取得できます。
    しかし、その日数や範囲には条件 …

    関連ページ③